タイ入国拒否1


さて、その日沖縄に一時帰国していた私は

夜便でタイに戻る為

いそいそと沖縄那覇空港に向かっていました。



那覇空港からはLCCのピーチを利用します。


以前沖縄に住んでいた時には

沖縄からタイに遊びに行くのに


このピーチが丁度就航してくれていたので

大助かりでした。


SALEなら片道5000円

往復で1万円程で

航空券がゲット出来ていたので

まるで観光バスでタイに行く気分でした。



style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="+1x+s4-1b-27+96"
data-ad-client="ca-pub-6453912097974390"
data-ad-slot="4427024589">


ただ、タイに住んでからは

タイ~那覇のSALEチケットは

中々見つけらず(逆は無いのかも)


それでも安い25000円の

往復チケットが

とても高く感じてしまいます。



沖縄名物58号線の夕方の混雑。


沖縄に来た当時

この交通量を完全に舐めていました。


朝・夕の通勤ラッシュは大都会並みの

交通渋滞がおこります。


まぁ沖縄は鉄道インフラが

整備されていない事や


バスもまだまだ充実しているとは言い難く

完全な車社会なのです。


この事を知らずに車に乗っていると

このラッシュ時には

とんでもない時間がかかって焦ってしまいます。


沖縄に遊びに行かれる方は

朝・夕お急ぎの場合は是非高速をお使い下さい。




那覇空港に到着

大きな水槽にホッとさせられます。




LCCピーチはメインターミナルから

さらに無料シャトルバスに乗り換えます。

そして貨物倉庫のような場所に向かいます。


初めて行った時は

一体どこに連れて行かれるのだろう?


それぐらい閑散とした

モロ貨物倉庫エリアに

LCCのターミナルが有ります。


待合室は体育館のようで

エアコンでは無く冷風機?


あとレストラン等も無く

食べる物は自販機のパンぐらいなのに

驚きました。





搭乗時間までまだ2時間以上あったので

少し腹ごしらえしていきます。


この沖縄那覇空港はLCCターミナルには

レストランが皆無なので

メインターミナルで済ませていきます。




ただ、このメインターミナルでさえ

レストラン街は20:00時閉店。


やはり地方空港の色は否めません。




3階レストランで生ビールと

ちょっとしたつまみでくつろぎます。

沖縄からならタイまで4時間なので楽勝です。


寝て起きると到着しているので

まるでワープした気分です。


時々、凄く眠い時には

「もっと飛んでいてくれ~!」

そんな贅沢な気持ちになる事があります。




お店の窓越しに

空港の眺望が楽しめます。


このお店「風月(ふうげつ)」

私のお気に入りです。




さぁいよいよ登場手続きに・・・・。

LCCターミナルに到着すると

何やら大混雑。



それもその筈、この日たまたま

台湾行の便が欠航→払い戻し。


おまけにバンコク行きが大遅延(2時間以上)



「あ~あ」ため息をついてあきらめました。


海外を行き来すると避けては通れない

飛行機遅延や欠航。


今まで色々な目に会ってきているので

さして驚きもせず待つ事にしました・・・・。


特に仕事で中国に毎月のように行っていた時

中国東方航空(安いがトラブルメーカー)

を使っていたので

何度も酷い目にあっていました。👀


一年でまともに時間通り運行したのは

1度だけ・・・・。


予定通り運行された時などは

何だか気味が悪かったです。5555


ひどい時はホテルの用意されず

空港の床で一晩明かした事も・・・。



イサーン方式?で

ターミナルの床に座り込みました。


予定より2時間遅れなので

まだ3時間以上も時間があります。



ビールを飲んだ事も有り

壁にもたれて寝てしまいました。


こんなハプニングぐらい

物ともしません。


結局21時45分発が0時15発に

いや、実際飛んだのはもっと後だったと

思います。


まぁ飛んだだけまし

遅延の場合はそう思うようにしています。


image

(写真は朝便・到着時分)


ようやく搭乗開始のアナウンスが流れた時は

ホッとしました・・・・。


明日に続きます・・・・。


応援のポチお願いします!