LKメトロでの出会い7



「タムナン コン イサーン」に入りました。

時間は確か10時過ぎぐらいであったと思います。


店内は時間が早いせいか

ほとんど客はいませんでした。


顔馴染みになったスタッフ達と挨拶を

交わします。


びっくりしたのは一番のお気にの

ボーカルレディがキスしてきた事です。

それも唇にです。222(ふふふ)


横にトイがいたので凄く焦りましたが

そんな心と裏腹に私の顔は雪崩のように

崩れていました・・・。


店内に入りいつものステージ中央の席に

陣取ります。


最近ではここのディスコのボーカル達と

凄く仲良しになっています。


その中の一人の男性ボーカル君が

私達のテーブルに挨拶に来ました。


彼のトレードマークの

コテコテに固めた頭を初めて見た時


何故だか「前川清とクールファイブ」が

私の脳裏に浮かんできました。


前川清とクールファイブ

=昭和の歌謡界の大人気?グループ

この頃の歌手の髪型はこのような形が主流だった。




彼も私達のテーブルに参加してきて

賑やかとなってきました。


私はトイの正面に座ったのですが

タンクトップから覗いている

彼女の胸元ばかりを見ていました。(笑)


一度ある事で揉めたこの店ですが

そこはタイ人 マイペンライの精神で

私を何事も無く受け入れてくれます。


そして一度揉めた事でここのスタッフ達は

私が連れて来た女性に対して

凄く気を使ってくれるようになりました。


なので本当に楽しく飲んで騒げます。
 

ボーカル君の彼の頭

毎日どのくらい時間をかけて固めているのでしょう?


以前は私は写真で顔出ししていたのですが

周りの方々から

「ブログなどで自分の顔を晒すのは良く無い。」

そのようなアドバイスを結構頂いたので

目隠しを入れさせて頂く事にしました。
 


トイのタンク姿にはかなりのお色気を

感じました。


客が少ない分トイとゆっくりと

会話が楽しめました。


彼女はパタヤに居るタイ人女性にしては

案外色白に思えました。





チャーミングな彼女はとても私の好きなタイプで

私はこのまま、彼女と付き合っていきたい

そう思えるようになってきたのです。


そうこうするうちに時間も1時am近くになり

この時間からは段々と客足も伸びてきて

イサーンディスコは盛り上がってきました。


するとボーカルの彼がクロコダイルゲームを

持ってきてこれで勝負しようと・・・。

※クロコダイルゲーム=黒ひげゲームと主旨は同じ

順番に歯を押していき、ワニの口がしまったら負け。

意外にドキドキして面白い。


下記にようにスマホのアプリにもある。

image


勝負とは勿論負けたら一気飲みです。


そう挑まれ引き下がったりしたら

「なんだ?日本人は腰抜けか?」


そう思われたら

ここのディスコを紹介してくれた

カズちゃんパパさんに申し訳ないので


image

※カズちゃんパパさん

=私のブログ読者でも有り大の仲良し。

またの名をバービア無僧とも呼ばれる。


彼の訪パタヤ時を書いたブログアクセスは

私のブログ史上最高記録を樹立。


勝負を受ける為まずは

テキーラを5杯ほど頼みました。


クロコの歯をおそるおそる押していきます。


「ガブッ!」


「ギャ~!!」


このような単純かつ明快な遊びで

私達は大いに盛り上がったのでした。


テキーラ5杯などあっというまでした。

結局テキーラをもう5杯。ww


ゲームは何故だか私とトイが負け越して

もう2人供ベロンベロンになっていました。


もうダメ帰ろう!

そう白旗をあげて私達は退散する事にしました。


ボーカル君にチップをあげ

私達はチエックをし、スタッフ達に

挨拶してお店を後にしました。


部屋に帰った私達は

そのままベッドにドタンキュ~。


トイが「ソイ、泊まっていい?」

そう聞いてきたので 


勿論「はい、喜んで。」の返事。

そしておでこに軽くキス。


本来はショートで帰る条件だったのですが

彼女も結構酔っていて

帰るのが面倒になったのでしょう。


私達はそのまま寝込んでしまいました・・・・。


※私の兄弟ブログはこちら↓↓

「それでも俺はタイへ行く」

グーグル検索で是非読んでみて下さい!


応援のポチお願いします。





style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-6453912097974390"

data-ad-slot="8747240406"

data-ad-format="auto"

data-full-width-responsive="true">