Cabbages&Condoms パタヤ Mr.Rickがやって来た4


バンコクの店でも見覚えの有る

怪しげなマネキンが

私達を出迎えてくれました。



このマネキン達に使われている衣装は

全てコンちゃん(ゴム)です。


製作日数と製作費を知りたくなります。



この衣装、さすがに街では

着れないでしょうね。www


Mr.Rickが謎の美女と席に向かいます。

その後ろから写真を撮影する私は


まるで文春のスクープ写真を

狙っているようです。



入口付近にはちょっと洒落た

バーカンターなども有りました。



駐車場からレストランの入口までも

そこそこ距離が有ったのですが


この入口からテーブル席までも

さらに少し歩きました。


どれだけ広いんだ!



さすが、Mr.Rick!海側の傍の席を確保

一番ロケーションの良い席でした。


この辺りは抜け目ないチョイ悪オヤジ。


こんな場所に連れてこられたら

「ロンチックが止まらない♪♪」です。



リックさんカップルと取材班ソイ。


謎の美女が気になって

仕方が有りませんでした。


もう一度リックさんに聞いてみました。

「彼女は誰ですか?」


すると再び

「生きたタイ語の先生。」と(笑)


さらに彼女だけの写真を撮ろうとすると

「ダメ!」と(笑)


妨害するならスクープ写真自宅に

送りつけてやろうかと・・・(笑)


私達のテーブルの直ぐ横は

パタヤの海岸線でした。


薄暗い明かりに浮かび上がる

夜の砂浜。

BGMはさざ波が打ち寄せる音です。♪♪

う~んいいね~。


私達は2階席でした。

上から見渡すと1階席もかなりの

テーブル数が有ります。

おまけに3階席も有ります。


オススメの席はこの2階か3階の

一番海側の席です。

最高にムード満点ですよ。




アンティークな照明にも

コンちゃんのカバーが掛けられていました。


料理が到着。









定番のタイ料理達。

お値段もリーズナブルでした。


この店は最後に人数分のコンちゃんを

お土産にくれるのですが


リックさんが全て私に

渡してくれました。


それを見た私は

「あれ?リックさん!今夜はノーヘル?」


リックさん素敵な店を教えて頂き

有難うございました!


またお会い出来る日を楽しみに・・・

リックさんのブログはこちら
   ↓↓

応援のポチお願いします。

以前のブログはこちらから↓↓

それでも俺はタイへ行く



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-6453912097974390"
data-ad-slot="5396836149">