エラー運賃!


驚きのニュースを見つけました! 👀

(以下記事抜粋)


キャセイパシフィック航空で

ベトナム・ダナンからニューヨークまで

ファーストクラスで往復825ドル(約9万円)。


ベトナム中部の都市ダナン発

ニューヨーク往復のキャセイパシフィック航空

ビジネスクラスが総額675ドル(約7.4万円)

ファーストクラスも825ドル(約9万円)で

売られていることが判明した。


通常、この区間の航空券を

ファーストクラスで予約すると

約280万円となる。


これは、航空会社の「ミス」によって

登録された


いわゆる「エラー運賃」で

1月1日の夕方には、

この運賃では購入できなくなった。


無効になることもある


このように、航空会社の

ミスによって登録された運賃のことを

英語で「エラー・フェア」や

「ミステイク・フェア」と呼ぶ。


こうしたエラー運賃は

航空会社がミスを発見しだい

取り消し、無効になる場合と

そのまま取り消されないで

有効になる場合がある。


そして、翌日の1月2日

キャセイパシフィック航空の

公式ツイッターが

今回のエラー運賃を

有効なものとすることを明らかにした。


この結果は日本を含めて

世界中のメディアで報道された。


ネットなどでの反応をみると

おおむね好意的に

受け止められたようである。


結果として、キャセイパシフィック航空が

エラー運賃によって被った損害を

はるかに上回る利益を

もたらしたのではないだろうか。



さらに、キャセイパシフィック航空は

元日の「大事件」から

2週間も経たない2019年1月半ばに


通常なら1万6000ドル(約176万円)する

ポルトガルのリスボン発香港行きの

ファーストクラスを


「入力ミス」によって1512ドル(約16.6万円)

で販売するというエラーを

再び犯してしまった。


これについては再び有効と判断された。


コメント)

このエラー運賃凄くないですか!!

こんな事が起きているのですね。

驚きです。


何故このような入力ミスが起きるのか

そのような記述も書かれていました。


それは昨今の航空運賃は為替のレートや

燃料サーチャージャ

あるいは他社との運賃競争などで


頻繁に運賃を変える必要があるからだ

そうです。


そういえば以前は航空運賃は

ある程度一定していましたよね。


年末・年始や夏休みなどの

ロングバケーションの時だけ

値段設定が高くなっていた事を

思いだしました。


今はしょっちゅう値段設定の見直しを

する必要があるので

こんなエラーが起こるのですね。


バンコク~大阪を100バーツ(350円)

とかで出ないですかね?555


因みにこのキャセイパシフィックで

連続でミスしている担当は

指が太いのかも・・・


何故なら指が太すぎて

押し間違う事例も有るとの事。(笑)


これをファットフィンガーフェア

(太い指が本来押すべきでない

キーボードを押してしまうことから

引き起こされるという意味)

こう呼ばれているらしいです。


そう言えばパタヤにいるファラン達も

指が太い!


手の指が私の足の親指サイズです・・・(笑)


応援のポチお願いします。

以前のブログはこちらから↓↓

それでも俺はタイへ行く