読者投稿ソムタムさん第60話

※スマホでタイトル別から読まれる場合

トップ画面の右端上をクリックして下さい。

Seesaa BLOG
[カテゴリ] 旅行/アウトドア :3位 / 62511ブログ中


本編)



●第60話 弟の彼女



私からの送金で、お金に比較的余裕が

ある嬢は、最近お昼もまともな食事を

しています。


その日も、焼き魚とソムタム、

ご飯をワシワシと食べながら

ラインしていました。


「弟の彼女が借金してるの」


弟の彼女というのは、girlfriend の

訳なのですが、日本語では弟嫁が

しっくりきます。


籍がどうなっているのか

知りませんが、同居しているので

事実婚です。


嫁の連れ子が二人いますが、

今は実家に預けています。


嬢から事故って壊れたバイクの

写真が送られてきます。


何にぶつかったのか、

フロントがグチャグチャです。


「彼女(弟嫁)が、友達のバイクを

借りてて壊したの。

修理に16,500Bかかるって」


「おう、これはひどいな」


ざっと見たところ、フロントまわり

総替えレベル。少なくとも、

カウルとサスペンションはダメです。


「でも、客かボーイフレンドが

出してくれるんじゃないのか?」


以前、薬で捕まった時は、

誰かが保釈金を払って

出てきています。


「今回は誰も出してくれなかった。

だから借金で大変。

弟も毎日働いているの」


派手に稼いで遊んでいるのに、

いざという時には蓄えがありません。


こういうことがあるから、

嬢は弟と別れさせようと

しているのですが、なかなか

思い通りになりません。


しかしこれは後で分かることですが、

嬢が新しいバーに就職できたのは、

この弟嫁の口ききのおかげだったのです。


「ふーん、仕方がないな」


私はスルーします。

さすがにそちらまで助ける

義理はありません。


そして、この借金事件は、のちに

無視することの出来ない

事態に発展してくるのですが、

それはまたのお話。


このときは、私があっさり

スルーしたので、話題は

いったん水面下に沈みます。


「イギリスへ行った友達は、

赤ん坊の世話が大変で、

私の相手は全然してくれない」


「まあそうなるよな」


自分も子育ては経験しているし、

分かっていたことですが、

話し相手がいなくなって

寂しいのは事実です。


だから私が何でも聞いてあげます。


「昨夜のインド人客は、

胸触ってきて嫌だった。

今夜は仕事行かない」


いやー、そうは言っても

お仕事だしなあ。


ドリンクかチップもらえるなら、

仕方ないんじゃないの、

とは直接には言いません。


そうかそうか、大変だなと相手します。


「明日は禁酒日で、仕事が

ちょっとしかできないから休むね」


夜12時でバーが閉店してしまうので、

客も少ないからお休みということです。


出来高制なのでこうなります。

月給制だと、欠勤は減給です。


「娘がムーガタ食べたいって言ってる」


ムーガタは、丸い焼肉鉄板の

周りがお堀になっていて、

鍋も同時に出来る料理です。


「ATMで1,000B出して使いなさい」


喜んで娘と二人で行ったら、

ムーガタ店の近くの7-11に

何とATMがなかったのです。


そんなこともあるんですね。


「腹立つ」


テンションだだ下がりの嬢は、

あんな7-11なんかつぶれるとか

文句を言いながら、いろいろ

食べ物を買って帰ります。


部屋に、久しぶりに何種類もの

おかずを並べて、

娘と二人黙々と食べます。


平和な食事風景。


「娘が私のテディを取った」


たくさん食べてお腹が膨れて

眠くなった娘は、買ったばかりの

大きいテディベアを

抱いて寝てしまいます。


「私も寝るね」


嬢は古い小さいテディを抱いて寝ます。

幸せな午後。

私もスマホの画面を見て微笑みます。


残り7,000バーツ。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6453912097974390"
data-ad-slot="1173070312"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


応援のポチお願いします。

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く

もっと普通の旅ブログを見たいんだ!
という方はこちらから ↓↓↓