部屋から帰らない順2・・・其の3

※スマホでタイトル別から読まれる場合

トップ画面の右端上をクリックして下さい。

Seesaa BLOG
[カテゴリ] 旅行/アウトドア 順位
第3位 / 62762ブログ中


本編)



シャークに入り、ステージから

アピールしてきたツンデレちゃんを

横に付け、さぁこれから乾杯だ・・・


そんな時、私の前にドストライクの

レディがやってきました。。


「しまったー!」


これだから新規の店は

慎重になんだよな~。5555


指名したツンデレちゃんよりはるかに

タイプのベビーフェイスちゃん。


我慢出来ず、即指名。(笑)


今なら返品交換が可能な範囲です。


隣のツンデレちゃんに、「ごめんね

僕はこの子の方がいい。」


そう言うと「ダイジョウブ。」と


おお!このツンデレちゃん

物分りがとても良い子でした。


自分が指名されて、違う子にチェンジ

される時って、その子の本性がでますよね。


大抵、プイっとふくれっ面して

去っていくものですが


この時のツンデレちゃんは笑顔で

「マイペンライ。」と


いや~、良い子だなぁ。


ツンデレちゃんのままでも

良かったかも・・・(笑)


別にふてくされるでもなく

私の横に座っていたので

そのまま、ベビーちゃんと3人で

会話する事にしました。


ベビーちゃんは小柄なタイプで

本当に可愛い子でした。


「よし、この子は順4に入閣だ。」

そう勝手に決めて(笑)

この日はジャブ程度で引き上げたのです。


そしてシャークを出た2人が向かったのが

順2の店。

ご存知、「グラス・ハウス」




ヤマさんと入店すると、まずまずの客入り。

ひな壇の上に案内してもらえました。


順2はほとんど休み無く仕事に来ています。

この日もラインで確認すると

「出勤すると。」


私が彼女と知り合ってからは

順2は1度も休んでいる日が有りません。


多分、それほどお金が必要なのだと

思います。


そして彼女も夜嬢特有の、何も食べずに

出勤してきて、いきなりドリンクを

飲んだりしています。


ドリンクノルマを消化したいが為に

テキーラを頼みたがるのですが

決して胃には良くないですね。


なので、ちょっとしたコンビニの

サンドイッチなどを注文させて

あげます。


まぁ若いうちはいいのですが

段々とそんな生活は体に確実に

ダメージを及ぼす筈です。


因みにここ最近、順2が頻繁に

ブログに登場していますが

私は決して彼女に

溺れてはいません。


ようやく、夜嬢との付き合い方なるものが

理解出来てきたからです。


なので、しっかりと心の中の

サイドブレーキは引いています。


夜嬢に惚れる=

遅かれ早かれ、心にダメージをうける


この公式図からは逃げ出せない事が

ようやく分かったからです。


ヤマさんとステージを眺めていると

いました・・・順2が踊っていました。


背中を向けていたので、最初

分からなったのですが


反対側の壁の鏡に映っている

彼女の顔が見えました。


「ドリンク飲む?」

何時もの合図を送ってあげます。


小さくうなづき、デックにドリンクを

オーダーします。


しばらくするとステージから降りて

こちらのテーブルへ。


ヤマさんに挨拶させて、乾杯。


最初のスタートは静かに始まったのですが

きっかけはあのゲームでした。


そう魔のクロコダイルゲーム。


私がこのアプリを立ち上げたが

為に、この後とんでも無い事に・・・。


応援のポチお願いします!

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く