こぼれ話 その1


こんにちはソイでーす。


今この「忍者」物語の表紙に

使っているレディの写真を

見て何か気づかれましたか?

image

もし、この写真を見て

直ぐに「その事」に気づかれた

貴殿はかなりのタイ通です。(笑)


少しよく見てください・・・。



もっとよーく見てください。



そろそろお分かりになりましたか?





正解は、はい


「足がでかい!」(笑)


イサーン出身の彼女達は

幼い頃からサンダルで育っているので


足が伸び伸びと成長しているのが

特徴なのです。


幼い頃から大人になるまで

サンダルのみというレディも

かなりいるのでは?


日本のレディ達は幼い頃から

スニーカーでしめつけて


少し思春期を迎えると

ヒールを履き始めたりします。


先の尖ったヒールなどは完全に

足の成長を妨げているのですね。


外反母趾などは足に合っていない靴を

履いているという確たる結果ですよね。


以前、何かで読んだ事があるのですが

中国では女性の価値が上がるとの事で


足をあえて小さくする為に幼い頃から

きつい靴をずつと履かせて、足の成長を

妨げるような事が書かれていました。


そのような慣習を「纏足(てんそく)」

と呼んでいたようです。


人の体って凄いですね。


その環境に順応するので

幼い頃からサンダルで育った

イサーン娘達の足は


何の妨げも無くすくすくと(笑)

ひまわりの如く成長しています。


夜嬢達とデートする時にちらっと

彼女達の足の大きさを見て下さい。


身長に対して、異常に足のデカイ

女がいます。5555


私も何度もこの足のデカイレディに

遭遇しました。


「足を見ればイサーンと分かる」

私がパタヤで学んだ教訓です。5555


多分彼女達は日本のレディのように

ヒールを履いて1日歩く事など

出来ないでしょう。


いや、そもそもが

先の尖ったヒールなど

履けないと思いますが・・・。


ベトナムレディも可愛いぞ!
愛しの彼女にポチお願いします!


以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く