読者のミケさんからの投稿1


Seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア :
3位 / 62351ブログ中



こんにちはソイでーす。

本日は素晴らしい投稿者

ミケさんのご紹介です!


実はミケさん、私のYou Tubeに

投稿して頂いたのですが


You Tube枠内ではご紹介

しきれない程の、濃い内容でした。


その為、今回是非ブログで取り上げ

させて頂く事にしました。


これぞタイ夜嬢との出会いと

仮想恋愛との狭間での葛藤。


そんな言葉が思わず浮かんだ

素晴らしい投稿内容でした。


是非読者の皆様もミケさんの

胸の内をお聞き下さい・・・。



※ミケさんの投稿です。


ソイカーボーイさん。こんにちは。

いつも楽しく拝見しております。

私の悩みを聞いてください。


タイには両手で数える程しか

行っていませんが、今私の気持ちは

3人のタイレディの間で揺れています。


1人目。初めてパタヤを訪れ、

最終夜に出会い、忘れられず

延泊してしまった程の嬢です。


旅慣れた方なら延泊の1つや2つ、

なんてことないでしょうが、

私にとって当時

2度目の海外旅行(初めてはバンコクのみ)。


英語もタイ語もほとんど

わからない状態で思いきったな…と。


彼女は顔はもちろん仕草もかわいく、

ディズニーやタイの

観光地の話で盛り上がり、


次の渡航は君に付き合って

もらいたい、と伝えました。


半年後、バンコクに着くと

パタヤからわざわざ

迎えに来てくれました。


バンコクの街を歩きながら

彼女は英語で近況報告等

してくれましたが、彼女の

スピードに追い付いていけません。


そして夜の生活も激しく、

私は彼女のことを気に入ってました。


ところが更に半年後の3回目の

アテンドでは

バンコクに着いても迎えはなし。


それどころか前日から連絡が

取れなくなってしまいました。


ようやく連絡がついたのは

バンコクに着いた日の夜。


次の日単独パタヤに向かい、

夕方に会おうとLINEを

送っても夜まで会えないと。


会うと頬に微かな傷痕。

どうしたのか聞くと猫に咬まれたと。


そんな猫いるのか疑問でしたが。

そのせいかわかりませんが、

店のランクも下がったようです。


その日は彼女の働くバーに行き、

大盤振る舞い。


私の周りに夜嬢の群れ…

これ以上の歓待はありません。


私は小市民なので1万バーツ

落とすことは出来ませんでしたが…


その日の営みはなし…


この旅では、昼間ジムやプールで

一汗かき、夜彼女と

彼女の友達と会食という

形が出来上がっていました。


彼女の友達はちゃんと日本語で

ありがとうございましたと

毎回言うのに、彼女は何も言いません。


ちょっと買い物に出ると、

ジムで使う小物を取って

無言で私に預ける。買えと。


夜、猛スピードでバイクを飛ばし、

外れの洋服屋まで行ったと思ったら

取り置きのドレスを包んでもらい、

払えと。無言で。


後で知りましたが、あちらの常識では

極普通のことみたいですね。


最後は友達とライブハウスに

連れていかれ、酒の代金だけ

払わされてポツリ独り佇んで…


女2人はタイ語で盛り上がっている…

飲み慣れない洋酒を飲みながら

ステージを眺めていると、帰るか?と。


そうさせてもらい、

彼女の帰りを待っていると…


真夜中、ベロンベロンの状態でご帰宅。

やけに明るいけれど、明るいだけで

直ぐに寝息をたて始めます。


感謝の気持ちもなければ、

契約を守る気もない。

そう受け取りました。


なので翌日、今回はもう帰っていい、

と告げました。


彼女には1日単位でアテンダント料を

払っていました。


タイをよく知る友人は払いすぎだ

という金額を払っていましたが、


最後の日はそれを6割にして

渡しました。こっちも

嫌な思いをした、と。



当然抗議してきますが、こっちも

それ以上払う気はないのです。


しばらく口論が続きましたが

向こうが諦め、部屋を出ていきました。


そしてLINEもブロックされました。


私は今回はもう耐えられないけれど、

また今度来るときは頼む、

そういうつもりでお金を渡しました。


それがこんな形で終わるなんて…


こういう場合、ヨリを

戻すことはできるのでしょうか?



※ここからはソイの返答です・・・。


メッセージありがとうございます。

凄く文章がお上手ですね。

ブログを書かれているのですか?


ただ、内容的には、はっきり言って

止めた方が良いです。


たとえ、その時、よりが戻っても

必ずまた、同じ嫌な思いを

繰り返すだけですから。


彼女の性格は、いやタイの

夜嬢の性格は

決して変わる事はありません。


これは私自身が経験してるので

自信を持ってアドバイスできます。


彼女達は自分というものを

しっかりと持っていて

それを崩してまで、こちらに

迎合する事はまずないでしょう。


「引きずらない、ダメなら次。」

これが私の恋愛道です。


ミケさん、素晴らしい投稿

ありがとうございました。

ソイ


応援のポチお願いします。

憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く