明け方のライン


Seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア :
第2位 / 62428ブログ中



彼女との毎日のラインのやり取りが

始まりました。


今までは単なる彼女からの

営業トークの一方通行だけが


段々と打ち解けてきて

彼女は自分の事を話すように

なっていました。


仕事の事・家族の事そして

故郷の事など・・・。


そんなある日彼女からラインが

来たのですが、時間を見ると

もう夜明け近くだったのです。


私は年甲斐も無くスマホっ子なので

寝る時には枕元に必ずスマホを

置いて寝ます。


何故なら、タイに居る時には

レディ達から電話やラインが

あるのが、まず深夜以降

だったからでした。


まぁ、歓楽街のレディ達と付き合って

きたのですから、当然と言えば当然

ですよね。


ただ、妻子持ちの方には

これはまず不可能かと思われます。


真夜中に若いレディから

ラインや電話がきて、こそこそ

していたりしたら


それこそ、朝起きたら

荷物を旅行ケースに詰めさせられ

永久追放の憂き目に会いますよね。



出会ってから半年もすると
随分と大人びた彼女。
女性は20代前半から段々と
大人の女に変身していきますよね。

コロナ禍でなければ私は彼女との
こんな話をブログに書けて
いなかったかもしれません。

何故ならその容姿や、優しい
性格からして、きっと彼女は
沢山のカスタマーにちやほやされ
私など眼中には無かったはず。

コロナ禍の元だからこそ、彼女は
不安な心を包んでくれる、頼りに
なるパートナーを求めていたのかも。

そうです、私の人生には常に
ここ1番で神風が吹くのです。
タイからのエスケープそして
ピーナとの出会い。そして
日本での新規事業での収入。
全てが神風が吹いたとしか思えません。

日本に帰国した途端、彼女と
出会えたなんてまさに神風です。
それも単なるカスタマーを
超える事が出来るなんて・・・。

私は破綻して、沢山のつらい目に
会ってきました。ただ、生きてさえ
入れば、また沢山の幸せが
舞い込んでくるものです。

コロナ禍で倒産して苦境に
立たされた経営者の方々も
沢山おられることでしょう。
私のように諦めず前進して下さい。
諦めない気持ちが神風を必ず
引き寄せてくれます・・・。



夜明け近くに鳴ったラインの

着信音。


「ん?誰からだ・・・。」


そう思いスマホを見てみると

ピーナからでした。


そんな夜明け近くの1本のラインが

私とピーナを

急接近させてくれたのです。


そうです、このラインが私と彼女の

繋がりを決定づけました。


これもまた私に神風が

吹いたのかもしれません・・・。


応援のポチお願いします。


憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く