人生って面白い


Seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア :
第2位 / 62447ブログ中


こんにちはソイです。


人は何故仕事をしなければ
いけないのでしょう?

そんなの当たり前だよ。
お金を稼がなければ生きて
いけないからだよ。

多分これが大勢の答えだと
思います。

では遊んで暮らしたいでしょうか?
そう聞かれると意外にも返事に
困るかもしれませんよね。

うん、まぁそらそうだけど
でもやっぱり人間
働いてなんぼだろう。
そんな答えが
返ってきそうです。

でも心の何処かに
お金さえあれば
遊んで暮らしたい。

そんな本音もやはり
沢山の人がお持ちのはず。

宝くじ売り場に
人が殺到するのが
何よりの証拠ですよね。

人はリアル人生ゲームを
プレイしてその一生を終える。
これは私の持論です。

若い時には背中に何も背負って
いないので、とても身軽です。
何でもできて、何処へでも行ける。

それが大人になり、仕事を始め
結婚し、子供が出来、家を買い
沢山の荷物を自らの背中に
背負っていく訳です。

そして疲れ果て毎日が空虚に。

家と会社だけの往復の毎日。
毎日、毎日積み重なる疲労。
重度のストレス。

ふと気づくと自分は何の為に
生きてるいるのか?
そんな疑心暗鬼にとらわれる事も。

こんな人生で良かったのか?
全然楽しく無いじゃないか!
そんな怒りにも似た後悔が
襲う事は有りませんか?

私はパタヤ最後の歓楽街の姿を
見ながら移住を
楽しんできました。

もし、あの時移住を
躊躇していたなら
もう2度とあのパタヤの
輝いた街には
住めなかったでしょう。

ただ、私は何故移住出来たのか?
それは自分の荷物を
背中から下ろしたからです。

いえ、下ろす決断が
出来たからです。

この一見簡単な事が、色々な
社会のし絡みの中で
人は出来無い。
そうですよね?

何故なら人生で背中に
背負った荷物を下ろした瞬間
それは社会から
アウトローとしてはみ出して
しまう事を意味するからです。

ある時、誰もが背負った
荷物を捨て
自分の好きな事をしてみたい。
そんな願望はあるはず。

しかし、大半の人は
そんな身勝手な事が出来ずに
終ってしまうのでしょう。

でもそれは当然ですよね。
それが社会だからです。

でも私は越えては
いけない一線を越え
その背中の荷物を下ろして
移住しました。

そしてその結果言える事は

「最高に楽しかった!」

その事です。


良い悪いの意見は
山程有ると思います。
ただ、移住して良かった。
その事は変えがたい
事実なのです・・・。

応援のポチお願いします。


憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く