ピーナ物語「2020年ファイナル!絶縁!」


Seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア 
第4位 / 62472ブログ中



何時も私の拙いブログを
お読み頂きありがとうございます。

読者の皆様もこの年はある意味
激動の年であったと思います。
御多分に漏れず、私にとっても
今年は青天の霹靂の年でありました。

パタヤに移住し、3年目を楽しく
迎えていたと思ったら
コロナによるタイの
ロックダウンに泣く泣くの帰国。

もうパタヤに半分骨を埋める
つもりで移住していたので
これにはかなりのショックを
うけたものです。

あ~あ日本に帰っても
つまんないな。
そう思い帰国してみると
なんと!ピーナとの出会いが・・・。

ただ、パタヤから帰国後は
飲んで会話するだけの
フィリピンクラブが全く
楽しく思えなかったのですが

ピーナの存在がその考えを
180度変えてくれました。

月に1~2度会いに行くのですが
まるでタイに渡航するような
そんなウキウキ感を彼女が私に
与えてくれたのです。

ところが・・・

何事もうまくいかないのが
波乱万丈な私の人生。
まさかのクリスマスに
ピーナと大喧嘩・・・。

まぁ、私のブログを以前から
読んで頂いている方なら
これからお話する内容は
お分かり頂けると思うのですが
その発端はラインの既読事件。

そうですベトナムのノンとの
トラブルの発端となった内容と
全くもって同じ事で、またもや
私とピーナは喧嘩になりました。

いや、今までのタイレディ達とも
ほぼほぼこの似たような内容で
大喧嘩になってきています。

その内容とは・・・。

それは何時ものように彼女が
私にラインを送ってきて
それに直ぐに私が返事を
返した事で始まりました。

私は彼女と少し会話をしたかったの
ですが、直ぐに返信したにも
関わらず、全く既読になりません。

まぁ、私にメッセージを送って
直ぐにシャワーでも浴びている
のだろうそれぐらいに
思っていました。

ところが、1時間たっても
2時間たっても3時間を過ぎても
全く既読になりません。ようやく
既読になったのが、なんと明け方近く。

完全に放置されていました。

もう頭にきて、何故直ぐに返信
出来ないのか?そう聞くと

忙しかったと・・・。

忙しいと言っても
半日もラインを放置する程
忙しい筈は無いはず。
それに今、店は暇なのです。

そんな言い訳にカチンときた私は

「俺に1分のラインの返信の
 時間もとれないのか!」

「それなら、1分早く起きれば
 いいだろう!」

そんな強いメッセージを
送りつけたのです。何故なら
この事で注意するのは3度目
だったからです。

私には理解出来ないのです。
ハニーと呼ぶような存在の相手の
ラインを何故放置したままに
するのか?

興味が無い相手なら、私が
いちカスタマーなら、納得も出来
ますし、そう言えと言ってました。

それに万一返信が無理なら
一言「また、あとでラインするね。」
そんな言葉が何故送れないのか。
1分もかからないと思うのです。

その事も彼女に以前頼んでいました。
直ぐに返事出来なければそう言って
欲しいと・・・。

それを全く既読すらしないで
半日放置なんて
私の中では存在しないのです。

ピーナがラインしてきて、私は
直ぐに返信しているのに、単に
送りっぱなしなら、普通のカスタマー
と同じ扱いです。

それなら、私ではなく他のカスタマーを
ハニーと呼べばいいのであって
私である必要はありません。

そんな高校生レベルの恋愛感情が
抜けない私は、タイにいる時から
ほとんどこのラインの返信で
レディとの仲が壊れているのです。

しかし、私のこの言葉が疲れていた
彼女のカンに触ったらしく
(まぁ、考えてみれば、ピーナが
毎日疲れ切っていることは
冷静に考えれば分かる
事なのですが・・・。)

「あなたは何故何時も
 私を束縛するの!」

そう送り返してきました。

今まで従順だった彼女が初めて
見せた怒りでした。

実はこの言葉の中にはそれまでに
ある事件が起きていて、そのうっ憤
も詰まっていたのです。
その内容はまた年が明けてから
お話させて頂きます。

多分彼女は私が気付かないうちに
いつしか私へのストレスが溜まり
ついにこの日、それが爆発した
ようでした。

今、私とピーナは完全なる
絶縁状態です。
せっかくのクリスマスや年末年始が
全てパーとなってしまいました。


o0810108014874448073.jpg


婚約指輪が欲しいとせがまれ
ダイヤの指輪をプレゼントまで
してあげていたのですが・・・。

ただ、まぁ、彼女がもう私を
必要としないなら
それはそれで幕引きです。
ゲームオーバーなのですから。

私の役目は終わったようです。
彼女はまた新たにハニーを
探す事でしょう。

さて、このまま私とピーナは
終わってしまうのか?
はたまた、2人に復活はあるのか?

来年また、ピーナ物語に
乞うご期待ください!
この続きはまた来年・・・。

それでは読者の皆様
よいお年をお迎えください。

写真を応援クリックしてね!
  

憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く