ピーナ物語「裏切りのクリスマス」


Seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア 
第2位 / 62481ブログ中


少し話は先にすすみます。
TIK TOK事件があって
しばらくしてから
私はお店に行きました。

何となく気持ちは
くすぶってはいましたが
彼女が直ぐに動画を削除し
相手をもブロックしたので
私は一旦気持ちを納めたのです。

店に行って飲んでいると
彼女が12月にクリスマス
パーティが有るので
チケットを買って欲しいと
おねだりしてきました。

詳しい話を聞くと
1枚6000円のチケットだとか。
それもノルマが20枚もあると・・・。

なかなか大変なノルマだと
驚いたのですが、次の言葉に
更に驚かされました。

残こった分はペナルティとして
自分が買い取らなければ
いけないのだと、それも
1枚3000円で。

チケットの半額が自己負担です。
全て残ればペナルティは6万円。
そして私に話した時点では
まだ売れた枚数はゼロだと・・・。

この話よく覚えておいて下さい。
この後この話が大きく関係して
きますから。

彼女の泣きに押されて私は
その場で5枚購入して
あげました。というか勝手に
5枚のチケットに私の名前を
書き込んでいました。

この時まるで手形の裏書のようで
私は笑ってしまいました。
そんな可愛げもあるので
私はこの時彼女と仲直り
してもいいかと思い始めていたのです。

なので万が一全部のチケットが
残ったとしても
私がそのペナルティを全て支払って
あげるので心配するな
そこまで言ってあげたのです。

ところが・・・。

パーティ当日は彼女のリクエストで
店のオープン前にマッサージに
行きました。パーティでは
フリーフードなので、お店で
食べようと彼女が言ったからです。

その日彼女はとても喜んでくれて
いました。何故ならチケットを
買った上にその日同伴してあげた
からです。

それも彼女が行きたかった
マッサージまで予約して
あげたのですから。

彼女にとって私は売り上げに
大いに貢献した筈でした。
なのでピーナが私に言いました。
今夜は誰も予約を取っていない。
今夜の私はソイだけの時間。

それはそうでしょう。パー券1枚で
1時間。私は5枚で5時間。
さらに同伴は1時間半のセットが
付いてくるので合計6時間半分の
支払をしているのですから。

6時間半はオープンからほぼ閉店
までです。彼女はその事も考慮して
誰の予約も入れなかったようでした。

その事はやはり嬉しさを感じました。

店に入ってから私は彼女に
クリスマスプレゼントにテディベア
を渡してあげました。
彼女がテディが大好きなのを
普段から耳にしていたからです。

物凄く喜ぶ彼女、テディベアを抱き
満面の笑みを浮かべていました。
そんな顔を見ていると
TIK TOK事件は私の頭の中から
すっかり消え去っていました。

彼女が「ショータイムね。」
そう言って私の席を離れました。
この日のクリスマスパーティには
ショータイムが用意されていたのです。

彼女が見せるダンスショーを
微笑ましく思い、私は1人
ウィスキーを飲んでいたのです。

ダンスショーが終わり、しばらく
するとヘルプの新人さんが
私の横に付きました。

「ショーが終わり彼女が
着替えているのでその間
ヘルプが来たのだな。」

私はそう思いヘルプにも1杯ご馳走し
たわいもない話をしていたのです。

しかし、その後衝撃の出来事が!

写真を応援クリックしてね!
  

憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く