パタヤの思い出「絶句」


Seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア 
第2位 / 62489ブログ中


読者の皆様は若いレディの
部屋のイメージとはどのような
ものでしょうか?

甘い香りがして壁はピンクで
ベッドにはぬいぐるみがおいてあり
布団カバーには白いレースが施され
部屋は綺麗に整頓されていて・・・

ある程度そのようなイメージを
お持ちではないでしょうか?
私はそうでした。
そころがそんなイメージを
彼女の部屋は根底から覆しました。

IMG_6849.JPG

このWベッドが彼女の・・・いや
驚く事にこの部屋をシェア
している彼女を含む
3人ものレディの
全ての生活空間なのです。

部屋にはトイレも無く、水道も無く
窓も無く、いわゆる日本のアパートに
通常備え付けられているであろう物が
一つも有りませんでした。

流石に水道も無いのには
本当に驚きました。

そして壁に取り付けられた
古びた年代物の扇風機は
その役目を終えたように
うなだれその機能を失っていました。

「お前こんな部屋で
暮らしているのか!」

私は絶句しました。

これが、これが若いレディの
暮らす部屋なのか・・・。
衝撃を受けました!

私は日本人です。なのでどうしても
日本レベルでの基準が頭の中に
有ります。その為、目の前の光景を
頭の中で直ぐに処理出来ずにいました。

ふと我に返り、部屋に散乱
しているゴミに目がいきました。
落ちているゴミに
手を伸ばして見てみると・・・。

IMG_6861.JPG

洗濯されないまま、放置されている服。
タイは常夏で有り湿気も多いです。
こんなゴミの山で部屋が埋め尽くされて
いれば、確実にダニがわきます。

IMG_6857.JPG

「お前なんだ?これは!!」

脱ぎっぱなしの服だけでなく
パンストまでそのままです。
そして更にこんなものまで・・・

IMG_6860.JPG

もうこの状況に潔癖症の私は
悪寒がしました。

「すぐに片づけろ!」

私がそう怒ると彼女は

「違う!これは私達じゃない!」と

聞くとヌーンと友達のベン、そして
もう1人とこの部屋をシェアして
いるとの事ですが、その1人が
だらしないと・・・。

それと以前から住んでいたレディ達の
ゴミが残され積り積もっていると。
日本のアパートのように退去する度に
掃除してくれる訳ではないようでした。

IMG_6869.JPG

ヌーンの足元分かりますか?
土足で部屋に入っています。

これにもまた驚きました!

その理由を聞くと
「何が床に落ちているか分からない。」
それを聞いて、もうあきれ返って
大笑いしました。

ただ、私に怒られ片づけ始めた
そんな彼女を見ていると
何だか凄くかわいそうに
思えてきたのです。

イサーンの田舎からパタヤに
自分の体だけが資本で出てきた彼女。
そんな彼女に待ち受けていたのは
6畳ほどの何も無い部屋。

生活スペースはベッドの上だけ。
どおりで何時も私に電話
してくる時は、ベッドの上で
あった理由が分かりました。

扇風機も壊れており
窓の無い部屋はむっとしています。
彼女が私の部屋に来たがった訳です。

私の部屋はクーラーが効いており
更には片づけられているので
彼女には快適
この上無かったのでしょう。

ヌーンの暮らす部屋には
冷蔵庫や水道さえないので
彼女達は部屋に小さなクーラー
ボックスを置いて飲み物を
入れていました。

手を洗うにも、いちいち
2階まで下りて
シャワー室まで行かなければ
いけません。
トイレも当然共同です。

最初はあまりの部屋の汚さに
彼女がルーズだと思い怒って
しまったのですが、私に叱られた
彼女の小さな後ろ姿を見ていると

「かわいそうに・・・。」
「こんな部屋で暮らしているのか。」

そんな言葉が私の頭の中に
浮かんできたのです。
まだ、23歳です。人生の中で
一番楽しい年代のはず。

そんな彼女の現実はソイ6の
まさにタコ部屋で暮らし
自分を買って
くれる相手を待つ日々。

私にはそんな彼女の後ろ姿が
とても不憫に思えたのです・・・。

写真を応援クリックしてね!
  

憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く