ピーナ物語「いきなりの喧嘩③」

seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア :
5位 / 62505ブログ中

ピーナ物語「いきなりの喧嘩③」

*****


「ホカニ・モット・ナイ?」

彼女のこの言葉に私の中でマグマ
が徐々にせりあがってきたのです。

しかし、彼女達のワガママは
ある程度分かっているつもりでした。

その為、一応iPhoneのユーズド機種の
一覧を送ってあげました。


o1080081015011669884.jpg

彼女が「iPhone11ガホシイ。」
そう言ったので、画像を送って
あげると

o0810108015011669899.jpg

「ネェ・ソイ・ワタシモ・オカネ
 ダス・アナタ・イクラ・ダシテ
 モラエル?」

そう聞いてきました。

もう私の腹のマグマは喉元まで
せりあがっていました。

「iPhone8ノ・キンガクマデ
 ダシテモラエル?」

「デモ・アコ・イマオカネナイ
 ダカラ・アナタニ・ローン
 シテイイ?」

もう限界でした。

ついにマグマが口から飛び出て
しまったのです。

ラインでは我慢出来ないので
直ぐに電話しました。

そして・・・。

「あのな!お前は今、店から
 借金してるんだろ!」

※日本語での「お前」という
言い方はピーナにとって凄く罵倒
しているように聞こえるようです。

「何が自分で払うだ!」

「今、いくら持ってんだ!」

「ええー!!」

「・・・・」

「アコ・オカネ・ナイ。」

「そうだろ!」

「それなら、何故どんなスマホでも
 嬉しいと思わないんだ!」

「お前、今、自分の状況が分かって
 るのか?!」

「食べるお金にも困ってるから
 俺がサポートしてあげると言った
 んだろう!」

「何がiPhone11だ!バカヤロウ!」

「どうしてお金が無いなら
 我慢しないんだ!」

「・・・・」

もうボロクソに言ってやりました。

こんな奴、勝手にしろ!
それぐらい頭にきました。

ただ、この短気さがレディ達と
別れる原因になるのですが・・・。

店から借金している身で
iPhone11が欲しい。
差額は自分で払うなどと・・・。

それも先に私に立て替えてくれと。
差額は5万以上有ります。

自分の立場というものをわきまえて
いないその態度に頭にきました。

これは彼女のプライドなのです。
つまらない見栄なのです。

見栄とは人にとって恐ろしい敵です。
その事は私は身に染みて分かって
います。

何故なら見栄もまた、私の破綻の
大きな原因だったのですから。

欲しい物はどんどんローンで
購入する。そんな事をしていると
いつか破綻する。そんな簡単な
事が見えなくなっていたのです。

当時の私は。

ピーナクラブでは店の中の
レディ達が、最新のiPhoneを
持っている事が一種のステイタス
です。なので

自分が以前のiPhone8だと
「ハズカシ」と
そんなバカな事を考えるのです。

それは全てつまらない見栄です。

貧困生活の中で育ってきた、その
事を、夜の世界に染まっていくと
忘れてしまうのです。

私の中国製スマホでも何の支障も
有りません。十分です。

ただ、お店では今ならiPhone13を
持っていれば鼻が高いのでしょう。

この気持ちは分からなくは無いの
ですが、お金が無いなら
それは我慢する事を学ばなければ
いつか破綻してしまいます。

私は食べる物にも困っていた時期
がありました。その時は全てを
我慢したのです。

大好きな自販機での缶コーヒー
さえも買うのを我慢しました。

お金が無い時には貯まるまで我慢
する。この当たり前の事を彼女にも
教えてあげたかったのです。

まずは店に10万ものお金を
返済しなければいけないのに
もう次の借金を考えている。

こんな考えを叩き直してやらなけ
ればいけない。そう思ったのです。

欲しい物が有ればそれはその目標
金額を貯めてから購入する。彼女に
その大切さを教えてやろうと思い
ました。

そして最後、こんな言葉で電話を
締めくくったのです

「もう勝手にしろ!」

「俺は知らん。」

「ずっと借金で苦しんでろ!」

私は電話をきったのです。

明日への励みになります。

写真を応援クリックしてね! 


憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く