ピーナ物語「愛おしい彼女」

seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア :
2位 / 62513ブログ中

ピーナ物語「愛しい彼女」

*****


私のタイ仲間に言わせると、私の
ピーナ達への接し方は笑えるそう
です。

確かにそうかも知れません。

ピーナクラブとはキャバより安くて
可愛いレディもいて、飲みに行って
楽しむ場所なのですから。

そこへ、恋愛を求めて彷徨(さまよ)
うオヤジなど場違いなのかも
知れません。

しかし、私の行動が本当に狂人の
ような行為なら、私のブログ
など誰も馬鹿馬鹿しくて読んで
くれないと思うのです。

沢山の読者の方が読んで頂けるのも

「自分も若い時同様の恋愛をしたい。」

そんな気持ちを少なからず、今も
持ち続けておられるからではない
でしょうか?

ただ、結婚して家庭があって、色々
なしがらみの中で、そんな事は
立場的に出来ない。

分別がブレーキとなり、そんな気持ち
を心の中にしまい込み、鍵を掛けて
しまっているだけで

私と同じような環境にいれば、その
扉を開いて、もう1度熱い恋愛を
してみたい!

そんな思いで私のブログ
を読んで頂けてるのでは?

そう思っています。

私の恋愛感情は40年前からそのまま
ずっと変わらずに続いています。
分別という扉を閉め忘れたように・・・。

ジャッシーからはそれ以降頻繁に
連絡がきます。彼女が今何処で
何をしているのかが正確に分かる
程です。

o0540108015030879847.jpg
勿論、空いた時間にはライブコール
もです。これだけの対応をしてくれる
彼女を必然的に私は愛おしいと思う
ようになってきました。

やれば出来るのです。
時間は作れるのです。
好きな人の為になら。

寝床からラブコールがきます。
若い彼女はメイクを落とした
顔にはまだあどけなさが残ります。

そんな彼女が私をこうして慕って
くれるのは本当に幸せです。

毎日の生活の中に、彼女の存在感が
増してきました。私もこまめに返信
しています。毎日のランチの写真を
送ったり、仕事で起きた事など
彼女に報告しているのです。

互いの情報を共有する。この事で
私達はどんどんと親密になれて
きているのを感じました。

それが恋人同士の本来の姿だと
思えるのです。

今、彼女は昼間も働いています。
昼はパートで働き、夜は店で働いて
かなりきつい筈です。

睡眠は3~4時間。

それは彼女が抱えた10万の返済の
為です。

以前、ブログでも書いたように
私は彼女のローンは自分の努力で
返済させるようにしています。

お金の大切さ、お金が無い辛さを
分からせる為に。

そんな中で、頻繁にラインを送って
くる彼女を愛おしいと思わない
訳が有りません。

しかし、最初から彼女がこんな
対応であった訳では有りません。

当然ですが・・・。

当初は私が少しうるさく言うと

「ワタシ・ソンナ・コト・
 デキナイ。」

「アナタトハ・ムリ。」

そう言って拒絶の態度を取って
いましたし、既読スルーも連発でした。

そして一度は2人はフェードアウト
までしたのです。

しかし、このように彼女の態度が
大きく変化したのは、その一度の
別れの後からなのです。

これは面白い現象だと思います。

別れる前は私をうるさいオヤジだと
思っていたレディ、それが皆が皆
復縁すると私が以前言っていた事を
実行に移してくれる。

一度別れて復縁すると、より深い
絆を持てる。

私ははっきりとこの事が言える
と思うのです。なので、自分の
スタイルを貫いて、それに本当に
応えてくれるレディは必ずいる
筈です。

諦めず体当たりしていくことが
擬似からリアルへの変化に
繋がるのではないかと思っています。

恋愛を求めるなら妥協など必要は
有りません。自分の思いをぶつけて
いくだけです。

仮に妥協して付き合っていると
必ずどこかで決別の日が来ると
思うからです。

ただ、この話はあくまでも恋愛を
求める方にのみ言える事ですが。

俺は単に飲みに行って楽しければ
いい。そういう遊び方も当然あるの
ですから。

いや、ピーナクラブとは
その遊び方が本来の姿で
私がおかしいのかも知れません。

明日への励みになります。

写真を応援クリックしてね! 



憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く