ピーナ物語「電光石火の家出」

seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア :
2位 / 62537ブログ中

ピーナ物語「電光石火の家出」

*****


ドンの協力で、ジャッシーは電光石火
の如く家出を敢行出来ました。

後で聞くと、出て行けと言った叔母
驚いたそうです。
まさか本当に彼女が家出する
と思っていなかったからです。

いや、正確に言うと彼女に出て行く
力が無いとたかをくくっていたのです。

なので、2人の喧嘩になると最後の
決めゼリフが「出て行け!」でした。

ところが、私の後ろ盾が出来た今
本当に出て行ける。

しかしその事を知らなかった
叔母はこう思っていた事でしょう。

「ふん、私が面倒見てやらなければ
あんたなんか、日本で住めないよ。」

仮に家出しても、ホテルに泊まるお金
など無いし、その後部屋を借りる事
など絶対に出来ない。

その為、叔母は「出て行け。」という
言葉を切り札として使えたのです。

ところが、ドンの協力もあって、その
日に彼女は家出。ホテルも私が段取り
してあげ、部屋探しも翌日から開始。

費用も全て私が負担。

それも翌日からの部屋探しや、内覧に
またもやドンが協力してくれました。

私が仕事の関係で、2~3日動けない
のを知って、彼女をホテルから物件の
下見に連れて行ってくれ、おまけに
彼の法人契約で部屋を借りる段取り
まで、1日で準備してくれたのです。

いや~凄い人です。ドンは・・・。
この男気。

ところが部屋を決め、契約寸前まで
いった時、彼女から電話がありました。

両親が心配していると。

元々、母親の妹の叔母が日本で
面倒みるという条件で、娘を行かせた
のに、出て行けなどと言って、娘は
今、ホテル暮らしをしている。

異国の地で自分の娘がそんな目に
会っていたら、親としてはその
叔母に激怒するのは当たり前で
しょう。

一体全体うちの娘はどうなって
いるのかと・・・。

叔母もまさか、彼女が出て行けると
思っていなかったので、慌てふた
めいたようでした。

そして両親と叔母に説得され、結果
叔母の部屋に戻る事に・・・。

叔母が友達に頼んで車でホテルまで
迎えに来てくれたようでした。

まぁ、叔母の住んでいるマンション
の家賃を半分彼女が負担しています。

仮に彼女が出て行けば、その全額を
叔母が負担しなければいけません。

それは慌てふためくでしょう。

私は彼女から叔母の部屋に戻る
そう聞かされた時に、その叔母に対し
このように言うよう彼女にアドバイス
したのです。

それは

「今度私にストレスを与えたら
 私は2度とこの部屋に戻らない。」

このように言いなさいと。

そしてこう付け加えました。

「心配しなくていい。仮にそうなったら
 僕は絶対にあなたを捨てたりしない。」

「信じていいよ。」

そう言うと

「アリガトウ。」と

ドンに事の顛末を報告して、この家出
事件は終息したのです。

ただ、彼女が最後にこう言いました。

「アコ・ソイノコト・オヤニ・イッタ。」

「アコ・ボーイフレンドイル。」

これは両親がホテルに住めた事や
そのお金の事・
この先、彼女が一人で暮らすと
言った事に驚いたからです。

当然ですよね。
彼女だけではそんな事が出来ないので。

彼女が私という恋人がいて、自分の
全てを助けてくれる事を両親に報告
したのです。

この事を聞いた両親は、彼女の言葉を
受け入れてくれたようです。

ただ、この両親と彼女の会話のオチが
とんでもないのです。

「アコ・カレガ・スキ。」

「ソウ・ヨカッタネ。」

「デモ・アコノボーイフレンド
 パロパロナノ。」

「スゴク・シンパイ。」

すると両親の答えが

「ダマサレ・ナイデネ。」


ホテル代自分で払えー!(笑)

明日への励みになります。

写真を応援クリックしてね! 



憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く