Facebook レディ

seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア :
2位 / 62539ブログ中

Facebookレディ

*****

IMG_2888.JPG

それはパタヤでの華やかな
クリスマスが始まる少し前の事。

私のFacebookに友達申請が。

見ると凄く可愛い。
即、承認。( ^ω^)・・・

すると、なんと!クリスマスの夜
その彼女から

「部屋に来ない

そんなメッセージが・・・。

女好きの私も、さすがにその
メッセージに
はいそうですかとは・・・。

その理由はやはり怖いからでした。
そんないきなり部屋にお誘いなんて。

それも単なるFacebookの友達申請が
来ただけの仲でしたから。

全く会った事も無い彼女からの
お誘いだったのです。

おまけにそこはタイ。
犯罪に拳銃もお目見えする国です。
何が起きても不思議ではありません。

部屋にいった途端、ボブ・サップの
ような男が

「ヘイ・ユー・オレノ・オンナニ
 ナニ・スル!!」

「オトシマエ・ドウスル!」

「オマエノ・ケツカセ・・・。」

な~んて全然あるある。


なので

なので


チキンの私は当然

当然


行きましたー。(笑)


行ったんかい!(影の突っ込み)


チキンハートよりも女好きが勝った
瞬間でした。( ^ω^)・・・

だって、写真可愛いかったんですよ~。
(実物もびびるほど可愛い。)

私のコンドミニアムからバイク
タクシーで、約20分。

到着すると素敵なコンドミニアム。

これが、九龍城のような怪しげな
アパートなら引き返したのですが
こんなまともなコンドミニアムで
ホールド・UPは無いだろうと。

彼女に連絡するとロビーまで
迎えにきてくれました。

この時の衝撃は言葉に表せません。

普通写真が可愛くて、実物がっかり
多い中、ロビーに降りて来たのは
めちゃくちゃ可愛いレディだった
からです。

もう私はロビーで夢心地。
いや、これは夢かと・・・。

この彼女が私をSNSで誘い出して
くれたのです。それも1度も会った
事が無いのに・・・。

これ、実話ですよ。

クリスマス神話

私の人生の中で最初で最後の・・・。

o0936093714986752716.jpg


彼女の部屋で


もうね。ロンハーのドッキリかと
思いました。

更には、部屋に通された私は彼女と
ベッドを共にするのですが
本当に&本当に驚く事に
お金の請求が無かったのです。

彼女からお誘いが来た時当然
行く前に私は聞きました。

いくら必要?と

すると彼女は「何故、そんな事を
聞くの?」と

私は「ここはパタヤだから。」と
すると彼女は「必要無いから来て。」

もうね、こんなやりとりで
半信半疑のおっかなびっくり
で彼女に会いに行ったのです。

とりあえず、相場のお金だけは
持って。(笑)

しかし、彼女。多分、スポンサーが
付いていて毎月定期的にお金を
送ってもらっていたのでしょう。

写真に写っている彼女が付けてる時計
多分カルティエではないかと

本人曰く。
「クリスマスに一人は寂しかった。」と

送金はしてもらっても、パパは遠い
海の向こう。たまにパタヤに来るだけ
なのかも、そう思いました。

送金だけしても実際に会いに来るのは
数える程。やはり若いレディはお金
だけで縛ってはおけませんよね。

そんな彼女がFacebookで私がパタヤに
住んでいて、そこそこタイプだった
ので連絡したと。

(* ̄▽ ̄)フフフッ♪ 

在住者って素晴らしい。こーんな
ご褒美が貰えるのですから。

しばらく彼女と楽しくお付き合い
させて頂きました。それも驚くなかれ
一切お金は必要無かったのです。

彼女はお金など必要無いと。
一緒に遊んで欲しいだけだと。

毎晩のように彼女とibarへ踊りに
行ったものです。

疲れたら彼女の部屋や私の部屋で
翌日まで爆睡。

日本ではあり得ない事が起きるパタヤ。
まさに夢の楽園です。

彼女とは本当の恋人になった錯覚に
陥りそうになりました。


IMG_2921.JPG

時には友達も呼んで一緒に踊ったibar。
楽しかったな~。

彼女元気かな?

一緒に過ごしたクリスマス。
一生忘れらない思い出です。

また、会いたいな・・・。

明日への励みになります。

写真を応援クリックしてね! 


憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く