ピーナ物語「命の尺度」

seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア :
4位 / 62557ブログ中


ピーナ物語「命の尺度」

*****


尺度=長さをはかる道具。ものさし。
転じて、計算・評価などの規準・標準。

まるで今生の別れのようなメールに
私は「大袈裟だな。」そう思いました。

確かにコロナで亡くなった方は大勢
いますが、今の私が直ぐの直ぐに
死んでしまう状態では有りません。

しかし、ジャッシーの異常にまでの
死に対する恐怖に、本気で私の事を
心配してくれている事が分かったの
です。

ドンにこの事をメールすると
驚くべき返事が戻ってきました。

「ソイさん、それは死というものが
 彼女にとって僕達よりも遥かに
 身近だからですよ。」

「貧困の中で育った彼女達はフィリピン
 では高額な薬が買えず、具合が悪化
 していったり」

「ましてや病院にも行けないので死と
 いうものが身近なのですよ。」

私はドンの言葉に衝撃を受けました。

そしてフィリピーナの平均寿命を
ネットで調べてみたのです。

それがこちら・・・。

フィリピンの平均寿命は2018年の
時点で『71.7年』

フィリピンと比べて日本人の平均寿命は
2018年のデータでは『84.21 歳』

驚きました!

フィリピン人は日本人よりも約13年も
平均寿命が短かったのです。

そしてその理由7選がこちら

スクリーンショット 2022-01-22 103423.png

①フィリピンの医療はかなり高額な値段
設定の為、所得が少ないフィリピンの
家庭では、病院で十分な治療することが
出来ずに亡くなるケースがあります。

また日本と比較してフィリピンの医者は
少なく、人口1,000人あたり1人しか
いないという現状です。

さらに驚いたのが

②フィリピンでは生後一か月未満の
新生児死亡率が1.2%で、1,000人中
12人の赤ちゃんが一ヶ月以内に
死亡している計算になります。

フィリピンで新生児の死亡率が
高い理由は『自宅や路上で出産する
フィリピン人』がいることや

『子どもに薬を買い与える
経済的な余裕がないフィリピン人』が
いることなどです。

生後一か月未満の新生児死亡率が
高い事がフィリピンの平均寿命を
短くしている理由の1つです。

以上ネットから参照


私の会社は外国人技能実習生を
雇用している関係で、彼ら彼女らに
基礎疾患が多い事は聞かされて
いました。

塩分や糖分過多による、高血圧や
糖尿病などです。後は過度の偏食です。

しかし、これほど寿命が日本より
短いとは知りませんでした。

どおりで・・・。

ジャッシーが深刻になって私を心配
している意味が分かったのです。

私のコロナの症状。

高熱・喉の腫れ・食事が取れないは
フィリピンでは確実に死に直結する
ような事態であるからです。

日本は素晴らしい国です。
医療体制が整っていて、医療保険で
国民が安心して治療を受けられる。

おまけにコロナは治療も入院も全て
無料です。

フィリピーナ達が日本のVISAを
何としてでも欲しい理由。

そんな理由がこんな所にもあるの
かも知れません・・・。


しかし、昨日ご紹介したジャッシー
のラインで気になる事が・・・。

「ドウスル・アナタ・シンダラ」

「ケッコン・スルノデショ・
 ワタシノコト・メンドウミル
 イッタデショ。」

彼女は本気で私との将来を考えて
いるのかも知れません。

ただ、あの事件さえ無ければ、私は
彼女とこの先、本当に一緒になっても
良いと思っていたのですが・・・。

あの事件とは、来月から始まる
ブログにてご紹介させて頂きます。

私の中ではあり得ない事が2人に
起きたのです・・・。

明日への励みになります。

写真を応援クリックしてね! 


憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く