ソムタム投稿「突然の再会」

seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア :
2位 / 62566ブログ中

●ソムタム投稿第203話

「突然の再会」

*****


シャワーをしてホテルを出た私は、
ソイブッカオを南下するソンテウに
乗り込みます。

生暖かい風、排気ガスと屋台の
いい匂いの入り混じった空気の中を、
ソンテウはガタガタと走り抜けます。

ソンテウの周りには、同じ速度で
走るバイクが多数。

対面のベンチシートで身をひねって
通りの景色を眺めます。バーや
マッサージ店の店先に座っている
レディと目があったり手を振ったり。

広くはない通りをゆっくり走っていく、
ソイブッカオの楽しみのひとつです。

ソンテウで通りを移動すること自体が、
ひとつのアトラクションなのです。

こうしてだんだん気分が盛り上がって
きたころに、セカンドロードと
サウスパタヤ通りの交差点で
ソンテウを降ります。

狭い歩道を人波に混じって
ウォーキングストリートへ。

久しぶりにやってきた感激で
足早になります。


【ウオーキングストリート】

IMG_9468.jpg

嬢のゴーゴーバーに程近いバービアで、
ソイさんと待ち合わせ。

久しぶりの顔合わせですが、
積もる話などありません。

毎日ラインでやりとりして、
ついさっきまでチャットしていたの
ですから。職場で隣の席に座って
いる同僚なんかよりも、私のことを
余程良く知っています。

それでもリアルで合うのは
やはり嬉しいです。

再会の乾杯をして一息ついてから、
嬢のゴーゴーバーに向かいます。

ソイさんが先に立って、店の
スタッフに軽くあいさつしながら、
中に入ります。

冷気とダンスミュージックの
ビートが身を包んで店内は異世界。

嬢はステージではなく、私服で
席についていました。

「ハーイ!」と手をあげるソイさん
に笑顔を向け、斜め後ろにいた
私と目があった瞬間、嬢
の目はまん丸に見開かれました。

「キャーーーーーーッ!」

嬢の絶叫が店内に響き渡ります。

「アア? アナタ、なんでいるの!?」

「ん? ちょっと会いたくなって」

「キャーーー!」

嬢は飛びついてきました。

「ソイ、聞いてないわよ! 
 友達連れてくるって言ったじゃない」

「オーイ、だから友達だよ。
 嘘は言ってないだろ」

「びっくりしたー。心臓がドキドキ
 してる」

大喜びでハアハア言ってます。

「パタヤに来るなんて一言もいって
 なかったじゃない」

「555、サプラーイズ」

席に着くと、嬢はいきなり
テキーラを5杯ほど注文します。

いつもならコーラをチビチビなめて
いるのに、テキーラをグイグイ。

私はお土産のお菓子と、娘の誕生日
プレゼントに、アニメキャラの
キーホルダーと1000バーツを渡します。

再会の乾杯が済んだので、店を出て
すぐ近くのシーフード食堂に
腹ごしらえに入ります。

パタヤに豪華なシーフードレストラン
はいろいろありますが、ここは路面に
向けて開放された、食堂というのが
ぴったりくる気軽な店です。


【料理の皿】

IMG_9472.jpg


ごく普通のタイ料理を何皿か頼んで、
せっかくだから生牡蠣も頼みました。

写真で左上に移っている氷漬けの
カキです。

日本の店頭では見られないような
小粒でしたが、ソイさんとおいしく
食べました。


このカキ、勘のいい方なら
「ん?フラグ立った?」と気
づかれるでしょう。

あとでまた出てきますのでお楽しみに。

さて、私はいいからアナタ達しっかり
食べて、と行っていた嬢が突然
立ち上がりました。

「ワタシ、ちょっとバーに戻って
 リバースね。」

言うなり走って食堂を飛び出しました。

テキーラを一気に何倍も飲んで
酔っぱらったのです。

「いきなりあんなに飲むからですよ」

ソイさんが苦笑い。

「もう大丈夫」

嬢がリバースし、すっきりした顔を
して戻ってきました。

「じゃ、次は僕のお気にがいる
 ゴーゴーバーに行きましょう」

ソイさんが先に立ってウオーキング
ストリートを歩きます。

鮮やかなネオンがびっしりと並ぶ
通りを、嬢と手をつないでついて
いきます。

時々嬢の方を見ると、嬢は満面の
笑みで応えます。私もおもわず
にやけてしまいます。

ソイさんのお気にレディは、嬢は
以前会っています。私も楽しみに
していたのですが、なんとその日は
仕事お休み。

私みたいにわざわざ日本から来て
嬢がいないと洒落になりませんが、
ソイさんはパタヤ在住。

ウオーキングストリートから
徒歩圏内です。レディが休み
だったらまた明日来るだけのことです。

「じゃ、気分を変えてソイ8の
 バービア行きましょう」

すぐに次のオプションが出て来る
ところが、ソイさんの凄いところ。

プランBどころかプランZくらい
まで余裕であるでしょう。

「最近よく行ってる店で、楽しい子
 いますよ。客もいい感じで入ってるし、
 嬢の就活も兼ねて」

私達はまたソンテウに乗り込みました。

写真を応援クリックしてね!
  

憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く