ピーナ物語「リッツよ・お前もか!」

seesaaブログ
[カテゴリ] 旅行/アウトドア :
2位 / 62686ブログ中

ピーナ物語「リッツよ・お前もか!」

*****


見事ハニーの称号を得た私は
彼女から

「パロパロ・ダメヨ!」

そう念押しされました。

まぁ、しかしほとんどのピーナが
こう言うので、私にはもう麻痺
していて

「こんにちは。」

「おはようございます。」

の日常会話にしか聞こえません。

なので

「じゃ、パロパロしたらどうする?」

な~んてふざけて聞いてみたのです。


すると彼女が一瞬真顔になり私の
腕を両手で掴みました。

(。´・ω・)ん?

なんだ?

そう思って見ていると

いきなり彼女が・・・

私の腕に・・・


ガブッ!!


ギャ~!!
(私の悲鳴です)


o0813108015122947852.jpg


痛っ~~~~~!

はい、噛まれました。(笑)

「イタイ?

彼女がそう聞いてきました。
(痛いにきまっとるやろ~!)

ワクチンの注射よりも痛かったです。


この時彼女・口元は笑っていましたが
目はスワッていました。(怖い)

「アナタ。パロパロシタラ。」
 コウナルヨ。」

「ワカッタ?」

怖ろしい女だ。
そう思いました。

ただ、私は直ぐに彼女に対し

「イエッサー!」と最敬礼して

返事すれば良かったのです




何だか、彼女がジャッシーに思え
おかしくなり笑ってしまったのです。

すると

「アナタ・ナニ・ワラッテル!💢」

そう言って


ガブッ!


ギャ~!(私の悲鳴です)


続けて更に

ガブッ!


ウッギャ~!(私の絶叫です)

更に連続2度噛まれてしまいました!


o0813108015122947862.jpg


翌日こんな歯形が・・・。

左腕1か所・右腕2か所・計3か所。

一気にリッツ・ワクチン3回接種
終了し、私は

「パロパロ予防接種」

を終えたのです。


しかし、まさかこいつもジャッシーと
同じアマゾネス軍団に所属している
とは夢にも思いませんでした。

※アマゾネス軍団=一見お色気をただ
よわせ、か弱い女のように見える。
しかしその実は突如としてゾンビの
如く自分のハニーと認めた彼氏には
牙をむく


いや~新タレ・リッツ
この先が楽しみです・・・。

「え?」

「なんです?」

「噛まれたのに楽しみなんか?!」


はい

凄く・・・。(笑)


こんな気の強いレディ・
私は大好物なのです( ^ω^)

でも、ジュニアだけは噛まないでね~。

明日への励みになります。

写真を応援クリックしてね! 


憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く