ソムタム投稿「サンクチュアリトルゥースで観光」

●ソムタム投稿第214話 
「サンクチュアリトルゥースで観光」


3時過ぎに昼寝から起きて、レンタカーで
サンクチュアリトルゥースに向かいます。

ターミナル21のあるドルフィンサークル
から、ナクルアに向かって北に進み、
途中で左折して海岸に向かいます。

ドルフィンサークルから10分ほど。
すぐです。


前から気にはなっていたのですが、
ソンテウをタクシー利用するのが
初心者にはちょっとハードルが
高かったのと、

嬢はいまさら観光地なんか興味ないと
思っていたからです。

このあたりは、日本で女の子をデート
に連れて行くのとは感覚が違います。

「アナタの行きたいところ、
 どこでもついていくから」

「来たことあるの?」

「以前カスタマーに連れてきてもらった」

「だと思った」

「大丈夫よ。ワタシはスマホ見てるから、
 アナタ好きに見ておいで」


【駐車場】

駐車場.jpg


矢印に従って到着すると、観光バスも
停まっていてなかなかの観光地です。


【案内スタッフ】

案内スタッフ.jpg


ここは勝手に見て回れるのではなく、
入口である程度客が集まったら
スタッフの説明を聞いて、団体で
入場します。

まあバスで団体がドカドカ来たら、
こうしないと混乱するでしょう。


【サンクチュアリトルゥース】

サンクチュアリトゥルース.jpg


待っている間にサンクチュアリトルゥース
本体がちょっと遠くに見えます。
その壮大さに期待が高まります。


【ヘルメット配布】

ヘルメット配布.jpg


建物は40年近くずっと工事中ということで、
ヘルメットを渡されます。


【腰巻】

腰巻.jpg


それから、短いスカートやパンツで
肌の露出は失礼だということで、
こんな腰巻のレンタルがあります。

タイの寺では一般的です。

嬢の背中に見える四角いのは
値札ではなく、サロンパスです。

ある程度引率されて説明を聞いた
後は解散。建物内は自由行動で、
流れ解散です。

建物は圧巻の一言。各
種様式入り乱れて、造り込みが
半端ないです。

私はこういうのが大好きなので、
夢中になって写真を撮りますが、
嬢はベンチに座ってスマホを
触っています。

それはそれでこちらは気楽に
鑑賞できるというものです。


【サンクチュアリトゥルース1】


IMG_0243.jpg


ここは好きな人なら1日いても
飽きないでしょう。


【サンクチュアリトゥルース2】

IMG_0274.jpg

あちこち工事中ですが、だからと言ってこの
圧倒的な迫力の前には何の妨げにもなりません。


【夕焼け】

夕焼け.jpg


夕焼けに映える高層のコンドミニアム。
寺院の建築物との対比が印象的です。


【記念写真】

記念写真.jpg


最後に像と一緒に撮影。
嬢にシャッターを押してもらいます。

この像、明らかに記念撮影用に
置いてありますが、そのうちどこか
上の方に設置されるのではないでしょうか。

園内には他にもいろいろ子供も
大人も楽しめる施設があって、
ミニテーマパーク的なつくりになって
いました。

と言っても敷地が広いので、建築物本体の
景観を邪魔をすることはありません。


私一人なら半日でも平気で滞在しますが、
日も落ちたし嬢がいるので1時間ほどで
切り上げます。

このあと車でセンタンまで移動。
涼しいのでほっとします。

ウインドウショッピングをして
体を冷やしている間に、外も暗く
なってきます。

これから夜の部スタートです。

頑張るソムタムさんを応援してね! 


憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く