ソムタム投稿「最後の晩」


●ソムタム投稿第224話 最後の晩


プラチナムモールでお買い物をしたあと、
マッサージをしてホテルに戻ってきます。

シャワーをして一息つくと、マッサージで
体がほぐれたせいか、余計に眠くなって
きました。

ベッドに横になっていると、嬢が言います。

「あなた、ヤワラー歩くの無理でしょ」

「うーん、ちょっと疲れたな」

「買い物はまた今度でいいよ。晩御飯も
  ターミナル21で食べればいいから」

嬢はterminalをターミナンと発音します。

「中華街で食べたかったけど、
  また今度にしようか」

そんなことを言いながら、私はまた寝て
しまいます。

目が覚めると夜の9時でした。


【ターミナル21】

ターミナル21.jpg


ターミナル21のMK目指して行ったら9:30で、
さすがに閉店前でアウト。

嬢の希望で天ぷらを食べることにしました。

嬢は定食、私は天丼。嬢は天ぷらは初めて
でしたが気に入った様子。


【初めての天ぷら】

初めての天ぷら.jpg


たっぷりあったので、小食の嬢はおいしいと
言いながらも全部は食べられません。

若いころなら残りは私が喜んで平らげるの
ですが、最近は自分の分だけで十分です。

食後にコールドストーンへ行きます。

アイスクリームが大好きな嬢、
甘いものは別腹なのです。

私も一緒にアイスクリームを食べてる
うちに、ターミナル21は閉店時間に。

表に出るとまだまだバンコクの夜は
これからで、通りもにぎやかです。

少し元気になった私は、クリスマスの
イルミネーションを楽しむ余裕が出て
きました。


【クリスマスツリー】

クリスマスツリー.jpg


嬢はサンタの飾りの前で自撮りしています。

友達に送る写真なのでしょう、気に入るのが
撮れるまで何度もやり直しています。

タイの女の子は自撮りが本当に好きです。


【サンタの前で】

サンタの前で.jpg


食事をして元気になってきたので、
一人ならゴーゴーバーでも行くところ
ですが、嬢と一緒なのでそれはなし。

それに明日の飛行機は朝8時なので、
5時起きになります。

寝坊したら大変なので、あとはホテルで
ゆっくりすることにします。

シャワーも済ませてベッドに転がって、
嬢とあれこれ話をします。

「テレビが欲しい。3000Bで買えるの」

アパートの部屋は、棚やベッドなどの
家具は最初からついていますが、
テレビはあったりなかったりいろいろです。

住人が置いていくこともあります。

今いるところは、備え付けのテレビは
ありません。

「前のアパートはテレビあったけど、
  見ると毎月お金がかかるから見てなかった」

そうでした。引越し前の点検のときに
テレビが壊れていて、入居時にチェックして
いなかったおかげで修理代を払うはめに
なったのでした。

私はベッドに寝転んで、スマホでLazadaを
検索します。

すると32インチがその値段でした。
なんだ、安いじゃないか。

「今のアパートは視聴料はかからないん
 だよね?」

それなら1回の出費で済みます。

視聴料を取られると毎月の家賃が上乗せ
されるような感覚になります。

3000バーツなら1回の飲み代です。

「分かった。今度買ってあげる」

今渡せない金額ではありませんが、
一度に渡さず何でも小出しです。

それにタイに行けない何か月の間、
時々そういうイベントがあった方が、
嬢にとっても嬉しいはずです。

「それからね、タブレットも欲しいな」

まあこれもいずれ買ってやるつもりは
していました。

「OK、また今度な」

「いや、ブレスレットが先に欲しいかな」

出た、ゴールドです。タイのレディは
ゴールド大好きですが、私はこれが一番
苦手です。

ゴールドはテレビやタブレットのように
形があって残るものではなく、身に
着けられる資産のようなものなので、
けっこう頻繁に買い換えます。

お金が入ると大きいのに変えたり、
金の相場が上がると売ったり。

こちらにしてみたら
「あの時にあげたブレスレット」という
記念品のような感覚を期待しても
無駄なのです。

ゴールドは装身具の形をした流動資産
なのです。

あれこれしゃべっているうちに、
いい感じで眠くなってきました。

「明日も早いし寝よう」

「いろいろ予定してたことがして
 あげられなくて、ごめんな」

「いいの。アナタといられたら」

こうして最後の夜は更けていきました。

頑張るソムタムさんを応援してね! 
憧れのパタヤライフ - にほんブログ村

以前のブログはこちらから

それでも俺はタイへ行く