「ミャンマー&フィリピン共同料理」

Seesaaブログ・カテゴリー
恋愛/結婚 1位 / 61685ブログ中

こんにちはソイです。

私の会社では現在ミャンマー人と
フィリピン人の2か国スタッフが
存在します。

どちらも南国育ちのスタッフ
ですが少しキャラが違いそれは
それで新鮮です。

特にミャンマー人とは仕事を通じ
初めて触れ合うので知らなかった
側面に触れました。

実はミャンマー人は物凄く
恥ずかしがりやです。

聞くところによると子供の頃から
シャワーの時間になると裸では無く
薄いシャワー専用の服を着せられ
シャワーを浴びていたそうです。

なので、人前で丸裸で入浴する
日本の銭湯は恥ずかしくて
入れないと言います。

羞恥心を植え付けられ育った
ようですね。

それを横で聞いていたフィリピーナ
などは

「ツイテルモノ・ミナオナジ・
 モンダイナイ・ダイジョウブ」

「ギャハハハハ。」

お国柄の違いが極端に分かるシーン
でした。(笑)

そんな2人が私が定期臨店に行く際
こんな嬉しい事を言ってくれました。

「ソイサン・ワタシタチ・ランチ
 ツクル。」

「イッショ・タベテクダサイ。

そう言って手料理を作ってくれた
のです。

www嬉しいー!

夜ピナ達よ!見習え!(笑)

そんな用意してくれた料理が
こちら↓↓↓

o0810108015358465528.jpg

フィリピンパブ常連の皆様なら
お目にかかったものばかりかと(笑)

そうです。

イベントの際、出て来る料理ですね。

奥の右側の料理。春さめに唐辛子
を入れブロッコリーや豚肉などを
煮込んだ料理。
パンシットと呼ぶのでしょうか?

これ大好きです。

そしてそのお隣もまたソーセージ
やゴーヤ・豚肉などを炒めた料理
シングというのでしょうか?

どちらも栄養満点。

餃子も自分で作ったそうです。👀

フィリピン料理は物凄くごはんが
すすむおかずばかりですね。

因みに暑い国、タイもそうですが
唐辛子がベースになっているのは
暑い国では食欲が落ちるので

唐辛子などの辛さで食欲を増進
させる為とか・・・。

食の文化って面白いですよね。

それぞれの国の人々が生きていく
為の工夫が盛り込まれているので。

因みにこの写真の料理全てが
ミャンマーもほぼ共通している
そうです。なので共同作品です。

へー。と。👀👀

o1080081015358465527.jpg

私の為にと味噌汁まで用意して
くれました。

何という心配り。😢😢
この仕事やってて良かった。(笑)

不思議な事に彼女達は味噌汁は
駄目です。飲めません。

なので、味噌汁も自分達で作って
くれたのですが、味が分からない
のでしきりに気にしていました。

でも美味しかったです。😃😃

一つ驚いたのがこれ↓↓↓

o0810108015358465536.jpg

見た目は「高菜?」そう思った
のですが、なんと!
お茶の葉だそうです。

ミャンマーの家庭料理だとか。

ラペソーというそうです。
ミャンマーではポピュラーな食べる
お茶の葉の漬物です。

お茶の葉を唐辛子やにんにく
などと油に付けおきする?ようで
(彼女の説明です)

食感は「高菜」に感じました。

これがまた旨い!

これだけで飯がすすむ味です。
トンコツラーメンに入れても
旨いかも・・・。

o0810108015358465531.jpg

となりのナッツは油で軽く
炒められていました。

このような副菜をご飯の上に
かけて食べるようです。

これ中々栄養ありそうですよね。

いや~世界の国の食の文化って
ほんと面白いですね。

良く考えられていると思います。

しかしミャンマー人とフィリピン人
が共同作業で作ってくれた料理を
食べた日本人って私だけかも。(笑)

2人共ごちそうさま。( ^ω^)

ポチッと応援してね。

You Tubeはこちらから↓↓↓↓↓