「フィリピーナとの恋愛の神髄とは?」

Seesaaブログ・カテゴリー
恋愛/結婚 1位 / 61797ブログ中

ブログはあくまでも私の主観です。
軽く読み流して楽しんで下さい。


こんにちはソイです。

今まさにダバオの街で彼女と
2人幸せな時間を過ごせて
います。

人生の全てがまるでこの
時の為にあったかのように。

o1080081015453317168.jpg

*****

以前のお気達と余りにも違う彼女。
本当に同じ人種なのか?

何度もそう思ってしまいます。

早朝から始まるライブコールにも
随分と慣れました。

たまに彼女が沢山のドリンクを
ゲストからもらい、酔っ払って
寝てしまっている時は

ライブコールが無いので何故か
ホッとします。(笑)

ただ、以前の私なら酔っぱらう
まで飲んでいて連絡が無いと

「一体どこで何をしてるんだ!」

そんな疑心暗鬼の気持ちを
持つ嫉妬心の塊の情けない
男でした。

あれだけお気に達に対して
嫉妬したり、少しの時間も
無いのかとガミガミ言って
いた私が

まさか朝のライブコールが
無い日が安らぎの日になるとは・・・。

まさにピーナとの恋愛が180度
ひっくり返ったようです。

これは結局カレンが私の心の満足
を常に埋めてくれてる安心感から
です。

さて、本日は

「フィリピーナとの恋愛の神髄とは?」

このテーマについてです。

帰国して1カ月の間彼女と毎日
向き合ってきた事で気づかされた
重要なポイントがあります。

私が気づかされた1番重要な
ポイント

それは

「自分の時間を彼女に捧げる」

これです。

彼女が私に電話したい時には
必ずそれに応えてあげなければ
いけません。

仮に電話に出られ無くても
手が空けば直ぐに折り返して
あげないといけないのです。

今日は忙しいからままいいか。
そんなスキップは許されません。

それがフィリピーナとの恋愛の
神髄だと分かったのです。

スクリーンショット 2024-06-06 042517.png

例えば彼女とのライブコール中
こんな場面でも決して画面から
目を離してはいけません。

何故なら彼女はふいに振り返って
私が見ているか確認するからです。

彼女が画面から離れる事があって
私は決して離れる事は許されない
事が分かったのです。

スクリーンショット 2024-06-06 181545.png

この写真は彼女が部屋の掃除を
している写真です。

普通なら一旦電話を切り掃除
するのものでしょう。

しかしそんな時も彼女は決して
電話を切る事は有りません。

なので私は彼女をしっかりと
見守ってあげる必要があります。

そして掃除が終わり

「オワッタ・ハニー。」

そう言う彼女に

「おつかれさま。」

そう言って彼女を労ってあげる
事で彼女は幸せな気持ちになれる
ようです。

言っておきますが彼女は私に
そんな事を強要した事は1度も
有りません。

ただ、彼女が私に何を望んでいる
のかが、私にはハッキリと分かって
きたのです。

彼女がトイレに行った時シャワー
を浴びている時にも、決して
電話を切る事は有りません。

当然会話など無くても・・・。

スクリーンショット 2024-06-06 043447.png

これは彼女がトイレにいる時の
写真ですが彼女はその間も
私が画面を見ているか時折
「ネェー?」話掛けてきます。

確認の為だけに・・・。

私は彼女の問いかけに

「ん?どうしたの?」

そう聞くと

「・・・・。」

何も答えません。

ただ、私にはもう分かっている
のです。

そう答えてあげる事で彼女は
安心出来る事を。そして幸せな
気持ちになれる事を。

私が画面を常に見ている=
同じ空間・時間を共有している

その事が彼女の気持ちを満たす
のです。

「フィリピーナとの恋愛の神髄」

それは

「何時も彼女の側で見守ってあげる。」

私は彼女からその事を学んだのです。

お前のライブコールになど付き
合いきれない、いくら何でも
そんな長い間は無理。

そんな事で邪険にすると彼女の
「幸せBOX」は多分半分も
満たされないでしょう。

よくハリウッド映画などで夫が
仕事に忙しく、妻の為に時間が
取れないシーンで妻がブチ切れる
ってよくありますよね。

約束していたイベントをふいに
したり、折角作ってくれた料理
を無駄にしたりと。

夫は仕事をしなければどうやって
生活するんだ!と妻の経済的
観念の無さに怒り狂うのですが

妻は夫に対して仕事で金を稼ぐ
以前に

「私の心の幸せを満たして欲しい」

そんな女性特有の願望で怒って
しまうのです。

日本人女性とはまるで違う気質
です。

そしてカレンは前者なのです。

なので、私が彼女に何かプレゼント
しようとしても必要無いと言ったり
お金も受け取らないのでしょう。

その代わりこのライブコールで
私がずっと彼女を見守っている
事を何よりも望んでいるのです。

彼女が眠るまでずっと・・・。

彼女の幸せの尺度は決して金銭
では無く自分の好きな相手と
出来る限り時間を共有していたい

自分を見守っていて欲しい。

そちらが最優先なのです。
そう気づかされたのです。

今日も朝の4時から電話があり
彼女が寝る7時までの間約3時間
それは続きました。

それを苦痛だと思えば彼女は私
から間違い無く離れていくでしょう。

しかし私はそれを2人の幸せな
ひと時だと捉える事が出来ています。

なので私はその間ずっと画面から
目を離さないで見守っているのです。

ただ、じっとです・・・。
彼女が眠りにつくまで。

スクリーンショット 2024-06-06 040154.png

「おやすみカレン。」

この一言でこの日の朝の彼女に
対する愛情奉仕は終了します。

朝の4時から約3時間。

画面をずっと注視していた私に
物凄く満足気な笑顔で、彼女は
幸せそうに眠りにつきました。

ただ、これこそが彼女に対して
必要とされる愛情の答えなのです。

帰国してから彼女への愛情表現は
このビデオコールのみ。

国内のお気達に会いに行く為に
使った沢山のお金など全く必要無し。

使ったのは携帯のバッテリーと
私の時間のみ。

売上助けてや、お店に来て欲しい
あるいはイベントのチケットを
買って欲しいなどの言葉は

フィリピーナとの恋愛の神髄
には全く存在しない

ようやく気づかされたのです・・・。

ポチッと応援してね。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

You Tubeもよろしくね!